企業の方へ

ワーク・ライフ・バランスについて社内で勉強会を行いたいので講師としてきてほしい、ワークライフバランスに役立つノウハウや情報を知りたい、社内で啓発冊子やプロジェクトチームを作りたいが、サポートしてもらえないか、という企業のご担当者様、ぜひお問い合わせください。

WLBC 関西のメンバーが良心的な価格と幅広いネットワークで御社のワーク・ライフ・バランス導入をご支援させていただきます! 

人事評価制度プロジェクト

2016年10月、人事評価制度プロジェクトを4名のワークライフバランスコンサルタント(高橋佳子・西本恭子・佐藤道子・宮崎結花)で立ち上げました!

WLBC関西は、企業様の人事評価制度見直しやWLBの即した制度設計に向けてもお役に立てるよう活動していきます!  これからの活動にご注目ください!   

リーダー:高橋佳子

月100時間の残業もこなした外資メーカー勤務の後、ガンを乗り越え社会保険労務士へ転身。「人」は可能性の種です。だれもが自分らしくいきいき働ける社会をめざして活動中。 

このプロジェクトへの想い

良い会社とは? 理想の会社とは?と問いかけると、いくつかある答えの中に必ず「公平、公正に評価される会社」があります。それでは今のあなたの会社は、個人や会社を真に成長させる評価制度を運用していますか?目標に向かって自ら進んでいく社員、それぞれの力を出し合ってシナジーを起こすチーム、セクション間の風通しがよく、自然にプロジェクトチーム的な仕事ができる組織、目指すは自走する組織です。 

社員の力は、成長できる土壌を、活躍できる機会を待っています!社員力の最大化を目指す、世界に一つだけのあなたの会社の「評価制度」作りを私たちも全力でお手伝いします! 


サブリーダー:西本 恭子

2002年第1子臨月に社会保険労務士事務所を開業。 

おかん(母親)業と社会保険労務士業の両輪を走らせる生活の中で、自ら実践者として、私生活と仕事の両立こそが人の成長に資することを実感。 

開業以来、中小、零細企業の経営者とそこで働く人とのコミュニケーションを橋渡しする相談役として今年15周年を迎える。  

このプロジェクトへの想い

「企業は人なり」の言葉通り、働く人たちがイキイキと働くためには、公正・公平な人事評価と社長の思いを伝え、社員の納得を得られる仕組みづくりが必要です。 

十人十色、百社百様!どのような仕組や評価が貴社にとって必要なのか?まずは実践あるのみです。、自社の社員がよりイキイキと働き続けられるような取り組みを私たちと一緒に作り上げていきましょう! 


メンバー:佐藤道子

社会保険労務士として2005年の開業以来、大企業から中小零細企業まで、全国の多種多様な企業の人事コンサルティング実績を持つ。

このプロジェクトへの想い

あるべき人事管理は、「このような人材がほしい」という経営のニーズと、「このように働きたい」という社員のニーズによって変化していきます。働き方が変われば、人事管理の“あり方”そのものが変化することは、ごく自然な流れです。時代を超えて、ベストで普遍的な人事管理などはなく、その時代の環境状況によって変わっていくものです。今まさに、その変革期にあります。人事評価には、社員の「いまの状態」を知って評価することにより、配置・能力開発・処遇など、これまでの人事管理を次の人事管理につなげる役割があります。また、「社員の行動を変える」というもう一つの機能があります。フィードバックが重要な点はここにあります。人事評価に求められるのは、「納得性」「公平性」「透明性」。そして、企業の最終目標である業績を高めるために、「企業の経営計画にどのように貢献したか」の視点も重要になります。何の目的のための人事評価であるのかを明確に意識しておくことも大切です。 

 

私は、働き方の変化の波に挑もうとするチャレンジングな企業を、プロフェッショナルとして支えていきたいと思っています。さぁ、ご一緒に始めましょう! 


メンバー:宮崎結花

キャリアコンサルタントとして2007年の開業以来、個人の成長が企業の成長につながるという信念のもと、個人のキャリア開発と組織開発の両面に関わ流。

このプロジェクトへの想い

人は生涯、成長し続ける存在であると考えています。自分のキャリアビジョンを明確化することは、モチベーションアップにつながります。組織の中で未来を描くには、人事評価制度が不可欠です。到達したいゴールに向けて、どのような経験を積み、どのような能力・スキルを身につけていくのか、そのために何をするのかが明確になれば、日々の働き方が変化します。社員が目標意識を持って働くことで組織が活性化し、優秀な人材を集めることも可能になります。限られた人材で成り立つ中小企業だからこそ、人事評価制度は必要です。

 

実例から見ても、大企業に比べ、導入から運用まで短時間で実現しやすいと感じています。今まで、チャレンジしたけどうまくいかなかった、うちは小さい会社だからと目を向けなかった経営者、人事管理者の皆さま、個人にとっても組織にとっても有益である人事評価制度導入をご検討ください。大切な社員の本物の笑顔を見るために、さぁ一歩踏み出しましょう!


社内勉強会例

  • 「社内で女性も男性も誰もが働き続けられる雰囲気・仕組みづくりのために必要なこと」 
  • 「ワーク・ライフ・バランスプロジェクトチームのつくり方・運営方法や進め方」   
  • 「業務改善・効率アップ活動の進め方」等   

啓発冊子例

  • 「仕事と育児 仕事と介護 両立支援ガイドブック」
  • 「ワーク・ライフ・バランス 実践応援ハンドブック」
  • 「働き続けられる職場作り」   
  • 「業務改善・効率アップサポート BOOK」等  

「仕事と育児 仕事と介護 両立支援ガイドブック」

「ワークライフバランス 実践応援ハンドブック」

コンサルティング例

コンサルティングは下記のような流れで進めさせていただきます。

WLBコンサルティングの内容

1 調査フェーズ

【具体内容】

ワーク・ラーフバランスの実現に向けて、組織の現状と課題を明確にし、今後の取り組みについて問題点を探る現状調査を支援いたします。

2  導入フェーズ

【具体内容】

組織の現状と課題を明確にしたあと

  1. ビジョン共有、ワーク・ラーフ・バランスを全社員が正しく理解するための研修
  2. 各種プロジェクトチーム立ち上げまで

を支援いたします。

3 実行フェーズ

【具体内容】

働き方の見直しに向けて

  1. 自主性、継続性の高い働き方の見直しを実行
  2. モチベーションを維持する仕掛けとして、中間および最終報告会の成果発表

を設けます。

4 定着フェーズ

【具体内容】

さらなるワーク・ライフ・バランス(WLB)に向けて

  1. 働き方見直しの横展開や、企業の壁を超えた業界全体への働きかけ
  2. ワーク・ライフバランスの考え方に沿った評価基準の構築まで

を支援します。

現在、上記のような流れで、WLBC 関西の専門家チームが数社担当中です。 

 

WLBコンサルティング 事例①

H製作所様

担当コンサルタント:瀧井・高橋・角井・澤田

コンサルティングに関しましては、一度ご訪問させていただき、ヒアリングの上、詳しい内容やお見積りを出させていただきますし、その際実際 WLBC 関西が担当させていただいた企業様の事例も詳しくご紹介させていただきます。費用が発生するのはその後正式にご契約いただいてからになりますので、少しでも関心おありでしたらお気軽にお問合せくださいませ。