服部 裕樹 / Hiroki Hattori

(株)ワークライフバランス 認定コンサルタント

(社)日本適性力学協会 認定法人研修講師

 

システムエンジニアとしての会社員時代は、ブラック企業で長時間労働の非効率・生産性の低さを経験。

 

新入社員がうつになって辞めていく姿に疑問を持ち、退職。

その後、25歳より自営業を始め、マッサージ店舗経営、IT事業、コンサル会社経営などを経験後、現在、働き方改革の研修・コンサル業を行う。自身の経験に基づき、かつ、経営者目線でなぜ今働き方改革が必要なのかを提案する。

 

 

 

一人ひとりが個性を尊重し、強みを活かした働きがいのある職場の実現を目指しています。

またニュースで世間を騒がせている児童虐待などの悲しい事件をきかっけに、親の一人として、自分の子どもの世代、孫の世代のために、悲しい事件が起きない社会にしたいという強い想いから、子どもの生活環境を整える活動として、保育、幼児教育、ひとり親支援、森のようちえんなどの活動を積極的に行う。 

得意分野

働き方改革・ワークライフバランス・ダイバーシティなどのテーマに関する研修・コンサルティングを行っているが「行動を変える→結果が変わる」の流れを作るために「行動変容」を起こすために講義形式よりワークショップ形式を得意とする。また、一人ひとりの個性を見極めるプロファイリングスキルを活用し、ファシリテーションを得意とする。

実績一例

  • 10名以下規模のセミナー講師 
  • 大阪府高槻市立北大冠小学校コンサルティング