井出 聡太郎 / Sotaro Ide

PROFILE

1961年東京生まれ ドイツ帰国子女。56歳 男性。 

東京都中野区、ボン市(旧西ドイツ)、宮城県仙台市、東京都豊島区を経て、現在は、東京都三鷹市在住。 

都立大泉高校並びに学習院大学法学部卒業。 

1985年 東京電力株式会社入社 

1989年 サンダーバード国際経営大学院留学
(会社の都合でラスト1単位を残し帰国) 

 

東京商工会議所会員 

ドラッカー学会正会員 

介護離職バスター(商標登録済) 

介護と仕事の両立を考えるフォーラム代表 

 

東電では本社を中心に営業、燃料、通信子会社、広報など広範な業務を担当して、早々に管理職に任用されましたがスーパー担当者に終始し、鳴かず飛ばずの日々を送っていました。都内支社で支社長を補佐するポジションに就いた事をきっかけに、改めてマネジメントを勉強し、 実践に拘り続けた事で周囲の評判も徐々に回復したように思いました。 

 

その頃、人材育成の要職にも就き、その絶大な効果に感動し、社内で週刊のメールマガジンを3年間発行し続けました。原子力事故後は非常事態の社内を切り盛りするも、妻の要介護で退職する事を決意します。 

2014年、東京電力を会社都合で早期退職(定年扱い)。離職後、ワーク・ライフ・バランスと出会い、日本人の働き方を根底から見直すこの事業を使命と感じ起業しました。 

得意分野

  • モチベーションが下がってしまった社員の意識改革や、経営と管理職、または管理職と担当者のギャップ解消を得意とします。 
  • 本当の幸せや満足は努力の後にしかやって来ないし、その努力のエネルギー源は他人からの応援だと信じ、クライアントを応援し続けています。
  • また、ドラッカーのマネジメントやイノベーション理論にも精通し、人をやる気にさせ実践と行動に導く事を心掛けています。 

実績一例

  • NHK厚生文化事業団主催のセミナー 
  • 千葉県白井市ご発注の工業団地内労務担当者研修会 
  • 仙台、東京、横浜、千葉、埼玉、名古屋、福岡、奄美など全国で講演