『教えない授業』参観

平成30年4月24日 都立武蔵高校 英語科 山本崇雄先生 訪問 

記:澤田真由美・橋本靖子

 

学校の働き方見直しをするうえで、『いい授業』を問い直すことは避けては通れないと思っています。

「教えない授業」の山本 崇雄先生を訪問させていただきました。

「教える先生」から「教えない先生」への、山本先生ご自身の変化

  • 時間をかけて導入を工夫して
  • 失敗させないように気を付ける

教えることに熱心だったそうです。けれど、教えるのをやめた時

  • 「学びたい・知りたい・発見したい」と子どもが動き出し
  • 子どもが教師を超えてくるようになった。

  

教師主導で面白くするよりも 子どもの表情がはるかにいい という事実に直面した時、「これまで良かれと思ってやっていたことが実は逆だった」と気が付いたとのこと。

授業時間の使い方

山本先生:授業で50分間を自由に子どもたちに使わせたい。

それには、「先生が教えなくてもできるよね」に子どもたちが気づき、マルチタスクとタイムマネジメントができる子を育てることである。

その力が育つと、「これは家でできるから家でやろう」、「協働だから学校でやろう」と子どもが決められるようになる。

これから『教えない授業』をしてみたい人へのアドバイスは?

「少しずつ手放す」「少しずつ授業の枠を壊す」といいとのことで、

そのステップも教えていただきました。

 

授業の枠を壊し、教えない授業を作るステップ

  • 従来の授業をする(子どもは知る)
  • アクティビティの種類など、従来の授業の一部を子どもに選ばせる(子どもは選ぶ)
  • 学び方を教える(子どもは知る)
  • 学び方を選ばせ使わせてみる(子どもは選ぶ)
  • 学習範囲や目標と時間を与えて協働させる
    (子どもは50分をマルチタスクとタイムマネジメント)
  • 社会とつなげる(子どもは社会とつながる)

長時間労働について

子どもの育ちをとことん考えたら、教えない授業になった山本先生。

教えない授業だと準備に大きな時間を取られることがないので、教員以外にもうひとつの仕事ができるくらい時間的余裕があるそうです。(やりたいことが多すぎて収まりきらないほどの充実っぷり!)

山本先生曰く、残っている = 働いているではない。

 

また、社会としての長時間労働に関して思うのは、課題が早く終わった子に教師が「早く終わったらこれやって」と与え続けることが、いつまでも終わらせられない大人を作り出して、ひいては長時間労働社会を作っている、ということでした。

今回山本先生のお話を伺って、「教えない」ことが子どもも教師も幸せにするんだということを改めて感じました。また、「英語は教えるしかない」という人が多い中、それを覆した山本先生のお話に勇気をいただきました。(澤田)

左から、橋本さん・山本先生・澤田
左から、橋本さん・山本先生・澤田

同行した東京都内公立小学校教員 橋本靖子さんのレポートです。

<授業を参観して>

高校では知識注入の一斉授業が当たり前、英語の授業では文法や入試対策問題中心に取り組んでいると思っていたので、高校英語でプロジェクト型の学習が可能であることを知った。生徒が思考したり、友達と学び合ったりする姿が印象的であった。

 

1単位授業の前半は、トレーニングスキル(知識注入型)、後半はプロジェクト型に設定され、「話す・聞く・読む・書く」の4技能をプロジェクト型で活用することで、バランスよく習得できるようにしていた。また、導入や復習では、学び方を教えた上で内容を生徒自身が選択できるように、また生徒を動かしていろいろな人とコミュニケーションが取れるよう工夫されていた。教材の活用法として、短文を繰り返し読めるようにすることで(使えるようにすることで)、穴埋め問題や英作文問題の対策としていた。

 

プロジェクト型の学習では、友達との協働、最低限の知識、知識と知識を結びつける、タイムマネジメント、ICT操作など、総合的な学びが実現されていた。

 教師のファシリテーターとしての関わり方も参考になった。学び方や最低限のスキルは教える、あとは生徒に任せる、困っていたら助ける、生徒が安心して自分の力を発揮できるように見守る。しゃべりすぎない、待つ、生徒の学びを邪魔しない。自分の弱点を自覚させ、必要に応じてどうしたら答えやよりよい方法を導き出せるのか助言する。テスト向けの知識と社会で生きて働く知識の違いを生徒に伝えている。教えないことが生徒の主体性を伸ばすことにダイレクトに繋がることが分かった。

 

<外へ学びに出ることの大切さ>

2校目に異動した昨年度は、前年度まで荒れていて誰も持ち手がない学年の学年主任をすることになった。スタートカリキュラムとイエナプラン風の実践を試し、学級は落ち着き、児童が変わった。

また、生活科・総合的な学習の時間を校内研としている本校職員に、外で学んだことを伝えたり、校内研やOJTで新しい教育について授業提案をしたりすることで、本校職員が自分のことを認めてくれるようになった。前任校みたく、こそこそ実践をしなくていい。

 

そして、1年生担任の今年度は、全校体制でスタートカリキュラムを実施し、担任以外の先生方がたくさん関わり、1年生や1年担任を支えてくださっているお蔭で、今日のように外で学ぶ機会がもてた。安心しながらゆっくりと楽しんでいる児童なので、どの先生が入っても担任不在でも落ちついているように思う。

 

外に出て、新しい教育を学び、そして自校に発信・還元していくことで、先生達が少しずつ刺激を受けて前向きに取り組みつつあることを感じる。(研究発表を控えていることもあるが…)そして自分でも、新しい教育が児童を変えるという確固たる実感があるので、教科校種を問わず、積極的に研究会や研修、授業参観には足を運び、授業改善に挑むし、先生達にも広めたいという思いがある。ただ、やはり前向きになりつつも、多くの先生は日々の業務に疲弊していて、外に学びにいく余力がないことも事実である。(橋本)

澤田注:

橋本さんは小学校1年生の担任でありながら4月末のこの時期に朝から学校外に学びに出ることを実現されました。経験者ならわかると思いますが、すごいことです。そこには、学級経営力・管理職や同僚との信頼関係作り、そして、橋本さん自身が「外での学びを教室に還元する」と強い自信をもっているという背景があるのではと思いました。

 

そうした背景を発信していただくことで、「学びたいけど無理」と一歩踏み出せない人の背中を押せるのではないかと思いレポートを書いていただきました。