働き方見直しを考えるうえで、授業準備にかかる時間を短くすることはどうしても必要ですが、「準備が短いと授業の質が落ちる」という思い込みを払しょくできる授業プランです。

学校WLBプロジェクトリーダー 澤田真由美 & イエナラボ 川崎知子さんとで作成した新プランです。お問合せはWLBC関西まで。

授業プラン

子どもの育ち&先生の時間を両立させる授業プラン

~子どもも幸せ、先生も幸せ~ 

 本プランは、標題通り、先生方が残業無し、最短時間内で準備をし、子どもたちの力を最大限に伸ばすことのできる授業プランです。1単位時間の授業の準備、いわゆる教材研究にはその倍の90分以上を掛けなければ「良い授業」を作れないと言われています。仮に前日に翌日の6時間目までの授業を準備するとなると、9時間も掛かる計算になってしまいます。若手の先生方や、熱心な先生方の中には毎日残業をして夕方の5時過ぎから真夜中まで準備をしている方も少なくないかもしれません。逆に、調査によると、報告書や事務作業、校務分掌に追われて、授業準備の時間が足りないと答えている先生が94.5%います。子どもたちに対して罪悪感に近い思いを抱いている先生方も少なくないのではないでしょうか?

 

 本プランでは、1週間約25時間分の授業を、金曜日に30分~1時間でまとめて準備が出来ます。実際には、1日1時間を「セレクトタイム」という時間にしますが、このセレクトタイムを学級経営の軸とすることで、他の時間の準備も最小限にすることができます。なぜならば、子どもたち自らが見通しをもって毎日を過ごすことが出来るようになるからです。 

 さらに、本プランを続けていくと、子どもたちの主体性、計画性、実行力、ふり返り力、そしてコミュニケーション能力等、次期学習指導要領でも重要視されている力を最大限に伸ばすことが出来ます。また、新学習指導要領に登場した「カリキュラム・マネジメント」(教科横断型授業)の一つの実践例とも言えます。もちろん、漢字や計算などの基礎・基本も、子どもたち自身が納得するまで主体的に取り組むようになるので、しっかりと身につきます。さらに、友達と話し合ったり、プレゼンの準備をしたりする機会が増えていくので、クラスの雰囲気も良くなります。

校内研究の柱にも最適です。

本授業は、イエナプラン教育や国内外の様々な教育方法をもとに、日本の公立小学校の時間割に合わせた実践です。

先生から子供への声かけ例

  • 分からない時は、まず近くにいる友達に聞いて、それでも分からなかったら、分かりそうな子に聞いて、それでも分からなかったら先生に聞いてね。
  • 分からないことは恥ずかしいことじゃないんだよ。分からないまま、分かったふりをする方が恥ずかしいよ。^^

→このような声かけをすることで、分からない時には聞くという学びの姿勢を育てるとともに、「先生が頼られてばかりで忙しい!」授業からの脱却を目指します。

小学3年生での実際のふりかえり例

セレクトタイムのことをブロックアワーと呼んでいました

授業の様子はこちらからご覧いただけます。

動画:Find アクティブラーナー↓

授業者の声

  • 今まで全然学習に取り組もうとしなかった子がセレクトタイムをきっかけに一生懸命学習するようになりました。
  • 今まで、ただ黒板の字を写すだけだった子が、自分から作文を書いたり、漢字や計算ドリルを進めるようになりました。
  • 今まで、宿題にまったく取り組まなかった子が、自分から家で漢字練習をしてくるようになりました。 
  • 授業中に、子どもたちの成長を感じて、感動することが増えました。
  • 休み時間にも、友達同士で次の時間に何の勉強をするか話し合っています!
  • 小学校3年生の社会の『昔のくらし』の学習では、子ども自ら国語の『ちいちゃんのかげおくり』を思い出し、国語の教科書を開いて戦時中の暮らしぶりをまとめていました。

 

実施クラスに T.T.として入ったことのある講師の声

  • 子どもたちが課題に積極的に取り組み、課題が終われば別の友達のところへ行って説明をしたり、問題作りをしたりしていました。とても生き生きとしていて、目の輝きや空気感が違いました。

導入した学校の管理職の声

  • 学習に課題を抱えるあの子まで、一生懸命に授業に取り組んでいますね!

授業参観者の声

このプランを通して、3 年生なのに自分で計画的に学習して、自分で振り返って改善している子!遊びたいけれど計算ドリルやらなきゃって自分で頑張っている子!自主的で意欲的で、楽しそうに学ぶ姿が可愛かったです!(都内公立小学校教諭) 

仲の良い友達のところや、同じ内容に取り組んでいる友達のところに行って、教え合ったり励まし合ったりして学習を進めていたのが印象的です。

秋田明子さん(保育士・小学生の母) 

これまでの授業の概念とは全く違うものでした。先生が教えるのではなく、アドバイザーというような印象で、自分で調べたり、教え合う姿は点数というところだけでははかることのできない力を養うことができるだと思いました。学力や個性、性格の違う生徒が、それぞれを発揮できる環境つくりとして、川崎先生の取り組みがより広がることを願っています。

大澤裕子さん(女性経営者専門コンサルタント)

子どもたちの振り返りより

・ もっと漢字の時間を増やさないと終わらないと思う。

・ 来週は社会の新聞を完成させたい。

・ 作文を終わらせられたので、とてもうれしいです。

・ 自分でも計画がうまくなったなと思いました。

・ 来年もやりたいです。

とある忙しい先生の1週間の放課後の時間の使い方例

→「持ち帰り仕事はゼロ」が実現します。

Q&A

Q:校内研修のテーマとできますか?

A:もちろんです。最初の1回を全体会として、各自・各学年で研究授業を進めながら、校内全体でより良い授業を作り上げていくことができます。研究授業の準備も本当に必要なことに必要な時間をかけることができます。

 

Q:低中高の各学年でできますか?

A:1年生から出来ます!高学年ほど従来の授業準備は大変なのではないでしょうか。高学年こそ、子どもたちが力を発揮します。

 

Q:教科によっての違いはありますか?

A:教科横断型です。1~2年生なら国語、算数、学活、3~6年生なら国語、算数、理科、社会、総合、学活の時間に取り組みます。

 

Q:ただのプリント学習と何が違うのですか?


A:自分で計画を立て、選択することを大切にしています。プリントを用意したとしても、子どもたちが自分に必要かどうかは自分で考えます。丸付けを子どもたち自身がすることで、自分が理解できているかを自分で確かめます。分からない問題に出会った時や、答え合わせの時に、友達とかかわり合うことで、学び合う姿勢も身に付けます。慣れてくると、教師がプリントを用意しなくても、自分から教科書やドリルで復習をしたり、自分たちで問題を作り合って、理解を確かめ合うようになります。

 

Q:教材研究はこれまでとどう変わりますか?

A:その単元の目標だけを確認し、子どもに伝えます。時間配分や、活動は子どもたち同士で考えられるようになります。

 

Q:なぜ時間がそんなに短くできるのですか?

A:発問を考える時間が全く必要ないからです。今まで教師が一人でやっていたことを、子どもたちと一緒にやるのです。

ここまで読んでいただき

実践したい、気になる・・と思った教員の方へ

2018年4月〜6月まで、本授業プランを実践するための全5回のオンラインゼミを行いました。

0期生として参加してくださった方々の感想の一部をご紹介します。

授業プランについての声

  • 担任が教えないとなれば、できるものですね〜
  • 「小学校1年生でもここまでできるんだ!」って教員が感動できるのが何よりの幸せかなあ、なんてしみじみ思いました!もちろん何年生でも、「予想」を越えてくれるのってすごく嬉しいし、子どもから学べるなあって思います!!
  • 子供たちもなれてきて、「よっしゃー、次はセレクトタイムだ」とか、「おれは、まず算数からやろう」とか(選べる自由を喜んでいる)いう声も聞こえてきました。いい感じです。
  • 一週間の見通しを持たせることができた。教師にとっても子供にとっても得。
    特に運動会期間中のばたばた期には有効だった。
  • 子供たちが、「だれ」と「何からやるか」自己選択できているのがいい。教室も、自由に机を動かして学んでいて、自然。寺子屋ってこんな感じだったのかなと思う。
  • 子供同士のかかわりが増えた。一緒に何かを学ぶことって楽しいなと思えている子がいるように感じた。
  • 漢字テストの直し、蝶の幼虫の観察など、学習時間に個人差があるものに、フィットしている。個人の学ぶ時間が保障されている。
  • 計算問題などを互いに問題を出し合う姿が見られてよかった。教え合う中で、理解もすすんでいるのでは?と推測している。
  • 運動会のダンス練習で校庭に出ると、早く来た順に自分達で輪になって教え合っているところなんか、学び合いの成果かなあと喜んで見ていました。その子が理解し、友達と教え合ってできたことを尊重して、一緒に喜ぶ。かけっこがどうしても嫌で参加しなかった子が、どうする?と聞いたら先生と一緒に走ると言うのでそうする。無理強いはしない。
    説得もしない(あまりしない 笑)。自分で選ぶ。これは今までの私のスタンスと随分違うかも!叱ったり特訓したりしなくても、普段以上の力を発揮してくれました。
  • 一週間の時間割を知らせたことで、子供が見通しをもてた。
    (また、連絡帳を書く時間を今後省略できそう)
  • 学び合いまではまだいかないが、自分で学びを進めている。お世話好きな女子が、ゆっくり男子のお世話をしている感じ。自分のペースでやるっていうのが自然でいい。
    それに、運動会の忙しい時期に勉強が普通に進むのが何よりもいい!! 子供も先生も幸せだ~
  • やりながら試行錯誤してだんだん変えていって、4週目でだいぶ形になってきた。 小学校1年生だからすこしずつ近づいてきた。 子どもたちも学校になれてきた。1年生だから、授業はこうあるべき、というのがなくて、自然と移行できた。
    自然と子供たちでペースをつかめてきた。自分でやる時間・みんなでやる時間。 教師が教えないこと。すると子供が伸び伸びと自分で考えて始める。それが実証できた。中学年高学年でもやりたいプランだと思った。
  • ブータン駐在中で実践できなかったが、進め方が見られたので将来できそうだと思えた。自身のブログで紹介したところ疑問の声もいただいた。
    このプランの専門性と一斉授業での専門性は違うと思い、それについて今考えている。 
  • 静かにするのは大変だと思っていたけど、子どもって自分でよく考えて、やることを探せるんだと思った。(オンラインゼミ途中参加だったため)実践はまだ不十分なので、次は、子供同士のかかわりを作っていきたいと思っている。 
  • いろいろ試してみて面白かった。つい今までの癖で指導が入っちゃう。まずいと思ってゲームを入れたりした。 校内には従来の授業を守りたい教師もおり、「活動あって指導なし」(教師として指導をしたのか)という評価とどうすり合わせていくか。やってみてすごく楽しかった。 指導を仕切るやり方から脱却していきたい。 

オンラインゼミグループへの声

  • つながっていられることが、嬉しい。安心感がある。
    でも、同じでなくていい。自分の感覚でいい。そこが好き!

0期生のオンライングループページでは以下のような質問もありました。

  • 「学ぶ事を自分で選べるようにするって、いろんな方法がありますよね⁈
    どこを目指していけばいいのか、もうひとつ分からない…。日本式の教育方法の中に、どう取り入れて調和させていくか、悩んでしまうなぁ。アイディアかアドバイスをください」

0期生は今後はFBのグループページで交流しながら実践を続けていきます。

「これからも頑張りましょう!」という事で最終回は締めました。

このグループページに入って、一緒に学び合いたい方を募集します!1期までは無料です。

オンラインゼミの流れ 7月〜9月

  1. 導入説明会&全員で授業プラン作成(2時間程度)*全員で日程を調整します。

  2. 毎週、または隔週の振り返りの会(1時間程度)*出席できない場合は録画を観てもらいます。
  3. 
グループページでの質問、実践交流

興味のある方は、お問い合わせください。

こんな方にオススメ!

  • 授業のやり方を変えたい方
  • 仕事に追われている方
  • 
校外に一緒に学ぶ仲間が欲しい方
  • 実践をしながら、オランダの教育について深めていきたい方

子どもの育ちと先生の時間を両立させる授業プラン 提案者

川崎知子

イエナラボ代表 http://t-kawasaki.info/

東京都出身

元小学校教諭 元保育士

オランダイエナプラン教育専門教員資格取得

 

公立小学校で担任として11年間勤務。2009年にオランダのイエナプラン教育を知り、日本イエナプラン教育協会千葉支部としての勉強会をイエナカフェという名前で定期開催。

 

墨田区や江東区では、保護者向けにも開催する。通算50回以上。2015年にオランダでのイエナプラン研修に1週間参加し、帰国後すぐにイエナプラン教育を実践。2人の男児の育児をしながら仕事をする上で、イエナプランの実践が働き方にも好影響であることを実感し、2017年7月の「学校働き方改革フォーラム」で「子育て中でも働きやすくなる方法」として紹介。2017年9月より、家族とともにオランダに移住し、長男をイエナプラン校に通わせながら、研究を続けている。

 

メッセージ

教員になったばかりの頃は、「先生の言うことを聞くクラス」が「いいクラス」だと思っていました。いわゆる「指導が行き届いている」と言われる概念です。先輩の先生の言うことは聞くのに、自分の行言うことは聞かない子どもたちに対して、イライラすることもありました。威厳が欲しいとも思いました。指導力不足と思われることや、保護者からのクレームを恐れていたせいもあったと思います。いつも翌日の授業をどうしたら良いか悩み、こんなんじゃつまらないだろうな、と思いながら授業をしていました。日曜日の夜はとても憂鬱でした。

 

しかし、2015年にオランダでの研修に参加をし、とある学校の校長先生が言った言葉で、私の教員人生は180度変わりました!その言葉とは・・・

「多くの人は、自分に出来ることをやろうと言う考え方をする。そうやって、自分の枠をどんどん狭めている。だから僕は、こう考えるようにしているんだ。出来ること以上のことをやろう、って。」

 

その言葉で、帰国後すぐに、小学校2年生のクラスで実践を始めました。日本で実践をすることは思った以上に大変でした。相談出来る方は日本全国に何人かいましたが、学校も学年も違く、みんなが試行錯誤でした。でも、その試行錯誤がとても楽しかったのです。そして、小学校2年生のクラスで半年間、翌年に3年生のクラスで1年間、改善に改善を重ねて、生まれたのが、この授業プランです。

 

今、私は「子どもたちが自分で考えて行動するクラス」が「いいクラス」だと確信しています。衝突があってもいい、失敗だと感じることがあってもいい、それこそが学びです。心に余裕が生まれ、保護者の方々とも自然体で付き合えるようになりました。子どもからも、保護者からも、どんなことを言われても受け止められるようになり、寧ろ言いづらいことも言ってもらえることが嬉しくさえ感じました。もちろん、多くの保護者の方々が子どもの成長を喜び、安心して学校に通わせられると言ってくださいました。毎週、授業の計画をするのが楽しく、一週間が始まるのが楽しみになりました。

 

学年主任になり、初任者の指導担当にもなり、国語と道徳の教科主任、通知表担当、避難訓練担当で、我ながらとてもたくさん仕事を抱えていたと思います。 それでも、この授業プランのおかげで、毎日勤務時間内に仕事を終えられるようになりました。勤務時間内に仕事が終わるから、睡眠不足になることもなく、毎日笑顔で子どもたちに接することができ、いい循環の毎日でした。

 

今、これを読んでくださっている方!ぜひ、この感覚を一緒に味わいましょう。

子どもたちの成長に日々喜び、毎日笑顔でいられる授業プランです。

 

ぜひ、子どもたちに、「先生も新しいことを学んだんだよ。一緒にやってみない?」
と笑顔で伝えてください。

このページをダウンロードする(PDF)

子どもの育ち先生の時間を両立させる授業プラン.pdf
PDFファイル 963.1 KB