2018年度  自治体プロジェクト 活動予定

守口市役所 働き方改革事業

●統括リーダー:福井正樹

●メンバー:瀧井智美 / 高橋佳子 / 高橋紀子 / 木村知佐子 / 小松麻利子 / 澤田真由美

4月: 市長との対談と全管理職対象キックオフ 
5月 マインドセット研修 
6月 実例研修① 業務改善:徹底的な現状把握 
7月 実例研修② 業務改善:業務改善の実際を知る
8月 実例研修③ 業務改善:実際に行う業務改善方策を作る
9月 実例研修④ 風土改革:ファシリテートスキル
10月 実例研修⑤ 管理職から部下へのコミュニケーション術
11月 実例研修⑥ 来年度に向けて~来年度アクション策定~
1月 最終報告会 

京都府 京都ウィメンズベース 女性活躍WLB支援事業

●統括リーダー:瀧井智美

●メンバー:

高橋佳子 / 木村知佐子 / 里内友貴子 / 山下典子 / 服部裕樹 / 

小松麻利子 / 上来真由美 / 戎多麻枝 西本恭子

  1. 女性活躍WLB支援キックオフセミナー
  2. 行動計画策定勉強会
  3. 一般事業主行動計画の策定支店(40 社)
  4. 働き方の見直しなどの環境史絵里(30 社 うち 5 社を京都のロールモデル企業へ)
  5. 京都モデルWLB推進企業認証制度の普及(50 社)
  6. 仕事と介護の両立に関するヒアリング(100 社)

詳しくはこちらを御覧ください。

http://kyoto-womens.org/ 

http://kyoto-womens.org/news/ 

京都市 京で輝く!女性活躍プロジェクト

統括リーダー:瀧井智美

メンバー:高橋佳子 / 木村知佐子 / 畠中直美 / 湯本理絵 / 井本七瀬 / 戎多麻枝

  1. 女性の活躍推進シンポジウム
  2. 女性の活躍のためのセミナー(一般社員向け)
  3. 女性の活躍のためのセミナー(女子学生向け)

甲賀市 ワークライフバランス推進業務

統括リーダー:福井正樹

メンバー:

高橋佳子 / 木村知佐子 / 藤本陽子 / 矢倉由美子 / 山下典子 / 天野勉 / 

加藤博美 / 藤本弥季 / 片元彰 / 戎多麻枝

  1. キックオフセミナー
  2. アドバイザー派遣(市内 5 社)
  3. 企業理解促進事業(市内 25 社)

詳しくはこちらを御覧ください。

http://www.city.koka.lg.jp/item/19774.htm#ContentPane


奈良県 働き方改革推進事業

統括リーダー:高橋紀子

メンバー:福井正樹 / 高橋佳子 / 山下典子

  • 働き方改革ワークショップ
    1回目 8/30(木):働き方改革の意義と効果的な進め方
    2回目 9/27(木):業務の見直しと時間あたりの生産性
    3回目 11/8(木):成果を生む関係性作りとマネジメント
    4回目 12/5(水):自走できる組織にするためのポイント 
  • 奈良県の中小企業、小規模事業者に働き方改革の専門家派遣(10社)

京都府 京都ウィメンズベースアカデミー事業

統括リーダー:瀧井智美 

メンバー:高橋佳子 / 木村知佐子 / 井本七瀬 / 湯本理絵 / 西本恭子 / 北畠由理

  1. 女性活躍推進研修
    ①女性社員向け(全2回)
    ②女性管理職予備層向け研修(全 5 回)
    ③管理職・人事担当者向け研修(全 3 回)
  2. メンター×メンティーマッチング支援
    企業の枠を超えたメンター・メンティ関係の構築を支援し、女性社員間のネットワーク形成
    を図る。
  3. 京都ウィメンズベースラボ運営
    企業における女性活躍推進に向けた新たな課題の解決のために、企業を超えた検討チームが
    具体的な事業や制度を立案・実践する「京都ウィメンズベースラボ」を運営。 
  4. 京都ウィメンズベースサイトの運営 

詳しくはこちらを御覧ください。

http://www.pref.kyoto.jp/josei/academy.html
http://kyoto-womens.org/

昨年度のアカデミー事業の報告書はこちらからも御覧いただけます。

http://kyoto-womens.org/news/今年度の京都ウィメンズベースアカデミー事業

 

今年度、さらにバージョンアップしますのでご期待ください!

大阪市水道局 働き方改革研修事業

メイン講師戎 多麻枝

サブ講師湯本理絵

働き方改革を推進するためには、管理職の必要性の理解と納得感が不可欠である。働き方改革とは「業務の質の向上であること」を管理職が真に理解し、実践できる具体的な手法を習得する。また、女性やシニア層、非正規雇用や、育児や介護と仕事の両立など時間制約を抱える職員など多様な人材が意欲的に働くことができる職場環境を構築するため、自身のマネジメントについて振り返り、今後のアクションを喚起、促進する。ワークライフバランスを実践し、長時間労働の是正とコンプライアンスを重視したより質の高い組織への機運を醸成する。  

  1. 事前課題:働き方改革への知識の有無、現状課題をアンケート形式にて抽出
  2. 研修実施
  3. 事後課題:今後のアクションを報告

詳しくはこちらを御覧ください。

http://www.city.osaka.lg.jp/suido/page/0000439982.html